ONE FUKUOKA

ふるさと福岡再発見プロジェクト

ONE FUKUOKAとは

MENU

北九州地域

福岡県築上町「御菓子司 鹿の子」創業明治17年!魅惑の「レモンケーキ」に迫る

福岡県築上町のご紹介

築上町

築上町は福岡県の東部、周防灘に位置し、北は行橋市、西はみやこ町、東は豊前市、南は大分県に接しています。南はほとんど山林で占められており、そこを源とする多くの河川が北部の平野を潤し、周防灘に注いでいます。
また、北部を北西から南東にかけて国道10号および東九州自動車道(椎田道路)が貫き、これらと交差して主要地方道や一般県道などが整備され、北九州・大分市などの地方中核都市と連絡しています。空の玄関である北九州空港までは約20キロメートル圏に位置しており、恵まれた立地条件にあります。
気候は、瀬戸内海型気候に属し、比較的温暖で、少雨、乾燥地域です。

福岡県築上町のお菓子屋さん「御菓子司 鹿の子」さん

築上町には代々続く昔ながらの味を大事にしたお菓子屋さんがあります。
店名の「鹿の子」は、和菓子づくりに必要な小豆のひとつ。
御菓子司 鹿の子です。(おんかしつかさ かのこ)
明治17年に福岡県田川で太田屋として始まり、昭和9年に和菓子屋として現在の築上町椎田に開業しました。
江戸後期、鹿の子は人気のあるお菓子で、今でも小豆を使った和菓子名には「○○○鹿の子」と愛用されています。
開業当時に大変、貴重であった小豆のお菓子屋として店名を付けました。
屋号に恥じぬこだわり抜いた小豆が魅力です。

御菓子司 鹿の子の「レモンケーキ」

みてくださいこの可愛らしいフォルム!
淡く綺麗なレモン色で、フワッフワが写真からも伝わってきますね。
レモンケーキは、スポンジ生地にレモンチョコでコーティングしたレモン風味たっぷりの昔から変わらぬ懐かしい手づくりケーキです。
レモンケーキには密かなこだわりがあります。
1、保存料を一切使用していないこと。
2、バターは品質と香りの良いよつ葉バターを使用してること。
3、砂糖は甜菜糖(ビート糖)を使用していること。

レモンチョコは惜しまずたっぷりつけているとのこと!
こだわり抜いた手間暇のかかるお菓子は自分用にはもちろん、お土産にも喜ばれますね!

御菓子司 鹿の子のレモンケーキのこだわり

鹿の子は、味にこだわるために、原料には、コストが許す限り国産のものを使用しています。
レモンケーキに使用しているバターと砂糖にもこだわりがあります。
バターは、北海道十勝産の良質な生乳100%を使用したよつ葉バター(無塩)を使用。
砂糖は、甜菜糖を使用しています。
甜菜糖(てんさいとう(ビート糖))まろやかな甘みがあり、カリウムやカルシウム等のミネラルや、お腹の調子を整えるオリゴ糖が含まれています。
また脂肪の吸収が遅いというメリットもあり、甜菜糖を使用していることについて、健康を気にするお客様から高い評価を受けています。
食べた時の安全性と味を重視し、添加物は最小限に保って手作りしています。
特に保存料は一切、使用しておりません。
そのため、素材の味がいきており、もちろん安心して食べられることも鹿の子の人気の一つ。

ふるさと納税返礼品

福岡県 築上町ふるさと納税 返礼品メニュー
https://www.furusato-tax.jp/city/info/40647

御菓子司 鹿の子の「レモンケーキ」

御菓子司 鹿の子の「和菓子」

ふるさと納税の返礼品にもなったレモンケーキの他にも、こだわりの和菓子がたくさん。いくつか気になるものをご紹介します。

御菓子司 鹿の子の「築上小町」

種を取り甘露煮にした高級金柑を国産の白あんで包み、パイ生地で覆った洋風手作り和菓子です。
町の名前がついていて、地元への愛着を感じられるのがまたいいですね。

御菓子司 鹿の子の「方言銘菓 栗大福」

甘露煮にした高級大栗を大納言小豆の豆から炊いた自慢の粒あんで包み、さらに手づくりだから包める、とろけるような大福生地で覆いました。
方言銘菓というからには、食べたあとは思わず方言がでちゃうかも!?
(パッケージに築上町の方言が記載されてます!)

ぜひ、築上町に寄られた際は足を運んでみては如何でしょうか? 
   
御菓子司 鹿の子 KANOKO
〒829-0301 福岡県築上郡築上町椎田972-30
TEL(0930)56-0135
FAX(0930)56-0140
JR:日豊線椎田駅より徒歩5分
※駐車場は2台(店舗入口前)周辺にも駐車スペースあり。

PR

築上町の取り組み一覧