ONE FUKUOKA

ふるさと福岡再発見プロジェクト

ONE FUKUOKAとは

MENU

北九州地域

福岡県築上町の「まつり」に迫る にぎわいを築くまち築上町のイベント一覧

福岡県築上町のご紹介

築上町

築上町は福岡県の東部、周防灘に位置し、北は行橋市、西はみやこ町、東は豊前市、南は大分県に接しています。南はほとんど山林で占められており、そこを源とする多くの河川が北部の平野を潤し、周防灘に注いでいます。
また、北部を北西から南東にかけて国道10号および東九州自動車道(椎田道路)が貫き、これらと交差して主要地方道や一般県道などが整備され、北九州・大分市などの地方中核都市と連絡しています。空の玄関である北九州空港までは約20キロメートル圏に位置しており、恵まれた立地条件にあります。
気候は、瀬戸内海型気候に属し、比較的温暖で、少雨、乾燥地域です。

しいだ梅祭り

菅原道真公ゆかりの綱敷天満宮境内に咲き誇る1,000本の梅の花。
天神市(出店)や神楽、どんど焼きなど、さまざまなイベントでにぎわいます。
開催日:2月中旬~3月上旬

智恵の文殊大祭(伝法寺)

年に一度ご開帳される正光寺の文殊菩薩像。
文殊様の智恵を授かろうと、受験生をはじめ、多くの人が訪れます。
また、武者や女官、若武者などの行列が練り歩く「武者行列」や農産物などの販売もあります。
開催日:2月25日~26日

智慧の文殊祭(下日奈古)

下日奈古文化公園に祀られた文殊菩薩像がご開帳され、多くの参拝客でにぎわいます。
ぜんざいの無料配布のほか、智慧餅や農産物等の販売を行います。
開催日:2月25日

天神山しだれ桜まつり

築上町本庄の天神山の山際に立つシダレザクラ。
ステージイベントや特産品販売などのほか、ライトアップで美しく彩られます。
開催日:3月下旬

龍城院 柴燈護摩大祭

築上町真如寺で開催される、火渡りをして無病息災を祈る「龍城院 柴燈護摩大祭」。
朝、行者と有志が龍城院を出発し、求菩提山を参拝したあと龍城院に戻り、先住先亡尊霊法要、諸神祈祷の後、柴燈護摩が行われます。
見学に訪れた方も、裸足で燃えたあとの「おき」の上を歩く火渡りを体験できます。
開催日:4月下旬(令和2年は開催中止)

牧の原キャンプ場 山開き

川のせせらぎと自然豊かな緑に囲まれた癒しのスポット「牧の原キャンプ場」で行われる山開き。
安全祈願祭のほか、毎年恒例のそうめん流しや石釜ピザ、地元特産品等の販売も行います。
開催日:4月下旬(令和2年は開催中止)

白い彼岸花まつり

約1万本の白い彼岸花が美しく咲く9月下旬に行われる「白い彼岸花まつり」。
地元野菜や特産品の販売、野立なども同時開催しています。
開催日:9月下旬(令和2年は開催中止)

ちくじょう祭り

築上町の魅力盛りだくさんの一大イベント

築上町の良さを次世代や町内外の人に伝えるために開催しています。
神楽や園児のステージ、ダンスコンテストやグルメグランプリなど多くのイベントでにぎわいます。
開催日:10月第3日曜日(令和2年は開催中止)

神楽・民俗芸能祭

勇壮な舞、伝統的な衣装、心躍らせるおはやし。
町内の民俗芸能を多くの方に知ってもらうとともに、他の地域の民俗芸能団体との交流や保存継承の取り組みの契機を目的として、神楽・楽打が一堂に集結する「築上町神楽・民俗芸能祭」を開催します。
開催日:10月下旬<隔年>

もみじウォーキング大会&城井谷もみじ祭り

城井谷の秋、鮮やかな紅葉を眺めながら、築上町を縦断するウォーキング大会。当日は、ウォーキング大会のゴール地点である牧の原キャンプ場で「城井谷もみじ祭り」も同時開催します。
開催日:11月上旬(令和2年は開催中止)

流鏑馬まつり

平成21年、途絶えていた伝統行事「流鏑馬」を上城井ふれあい協議会が69年ぶりに復活!隔年で開催しています。
開催日:11月上旬<隔年>

築城基地航空祭

日本の防衛の要、航空自衛隊築城基地にて毎年行われ、全国から多くの観光客が訪れる「築城基地航空祭」。
航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」や「ウィスキーパパ」による競技曲技飛行のほか、飛行機の展示、周辺自治体のPRコーナーなど盛りだくさんの内容で開催します。
開催日:11月~12月上旬(令和2年は開催中止)

円座餅搗き

秋祭の神饌(しんせん)の餅を搗くときに、「われも、われも」と大勢が棒で搗いたのが始まり。
しめこみ姿の男衆による餅搗きでは、臼練りという勇ましい臼の奪い合いが行われます。
開催日:12月上旬

PR

築上町の取り組み一覧